Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://hiroyuki2339.blog27.fc2.com/tb.php/168-d921e3ac

-件のトラックバック

-件のコメント

[C115]

あたしのエイプンをバカにするなぁヽ(`Д´)ノ

それだってOナペッツのCB50(だったっけ?)よりは
はるかに早かったんだってばよ!!

あ~早く金貯めて買い戻したいなぁ…
  • 2006-07-20
  • 妹。
  • URL
  • 編集

[C116]

コメントありがとう、妹よ。

× CB50
○ CD50

だぞ、念のため( ´,_ゝ`)

彼のCD50はアクセル吹かしてないとエンストしてたもんなぁ(^_^;)ゞ
APE50買い戻すのもいいけど、どうせなら二輪免許ゲットしろよっ(^_-)
  • 2006-07-21
  • ぴろゆき
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

My Favorite BIKE

My Favorite BIKE
昨日7月17日の買い物の時に買ったバイク漫画です。

とある大型ショッピングモールにある、「遊べる本屋」でコイツと出会いました。
店内の一角に、バイク関連の本ばかり集めたコーナーがあったのです。
そこに平積みにされてました。

この表紙に描かれているバイク。
SUZUKIのカタナとHONDAのFTR250かな。

この表紙を一目見て。
ビビビッときました(古いか^_^;ゞ)

思わず手に取りしげしげと眺めてみる。
参りました・・。とーってもキレイな絵だったんです。

ビニールがかけられているので立ち読みは出来ない。
でもこの表紙を見た瞬間、この漫画を買う決意をした。

こんなにキレイにバイクを描ける人の漫画ならきっと面白いに違いないっ!
そう本能的?に確信したんです!

3巻まで置いてあった。
・・・万一つまらなかった場合に備えて、とりあえず1巻だけ購入(^_^;)ゞ

その心配は取り越し苦労に終わった。
とても面白い漫画!
翌日つまり本日7/18、いくつも本屋を探し回って2巻と3巻を手に入れてきた!!

一話完結の短編集。
物語には必ずバイクが登場する。

3巻まで読み終えた。
とりあえず、この時点で連載は終わっているようだ。

残念でならない。
ぜひ、定期的に執筆してもらいたい。

著者は1965年生まれ。
青春時代を空前のバイクブームとともに過ごし、それが作品に大きく影響を与えている。

そのバイクブーム、俺は全く知らない。
当時まだ小学生ですらなかったのだ。

俺がバイクに興味を持った2001年、夏。
バイクブームとやらはとうの昔に去り、街にストリートバイカーが溢れていた頃。

俺は何の迷いもなく、そのストリートバイクに乗りたかった。
まさかカウル付きのバイクなんてっ。
ぜって~乗れねぇよダッセーって感じだった。

でも遙か昔、80年代。
その頃は、俺の価値観とは全く逆のバイク観が支配的だったようだ。

物語にも登場するHONDAのFTR250。
言うまでもなく、同社の人気モデルFTR223の原点。

FTR223は当時俺が欲しかったバイクの第一候補であった。
たまたま同期と先輩で乗ってる人がいたから買わなかったけど。

物語の主人公が2ストマシンからFTR250に乗り換える、というくだりがある。
設定は80年代後半。

そしたら、周りのライダーから

「プッ、なんだあのダッセーバイクは?」

という蔑まされた扱いを受けるのである。
そう、当時はレーサーレプリカ全盛期。

街にも峠にも革ツナギを着たレプリカ小僧が溢れていたという。
・・・マジで?考えらんないよ。

そんな時代に、ダートトラックレーサー(多分当時は全く認知されていないと思うジャンル)のFTRを駆ってるヤツなんて。
イケてないバイク乗りの典型だったようだ。

今と価値観が逆だよなぁ・・・
今じゃFTR250なんて、レアでビンテージでプレミアがついてんじゃないかな。
時代の流れを痛感する。

このFTR250の物語以外にも、80年代を描いた作品が多数ある。
SUZUKIのカタナ、KAWASAKIのニンジャ、HONDAのNSR250・・・。

当時カッコよかったのは、なにより速く駆け抜けるライダー。
スタイル重視のカスタムではなく、いかに速く峠を攻めるか。

純粋に走ることを追求していたのかもね、当時のライダーたちは。
だから、スタイルは気にせずフルフェイスにツナギ。

いや、当時はそれが一番カッコよかったんだろう。

この漫画にでてくる主人公たちは、みんな熱い。
みんなひたむきで、バイクをこよなく愛している。

それでいて、ストーリーは甘酸っぱい青春の香りが漂っている。
切なくも前向きな姿勢が前編に渡って貫かれている。

読後感は、爽やかなものだった。
バイクに乗る理由ってなんだ?

理由なんかないんだ。ただ走るのが好きだから。
初めてバイク(妹のAPE50)を運転した時。

笑っちゃうほど遅かったけど、たまに原因不明のエンストがあったけど、上り坂では30㎞しかでなかったけど・・。

俺は理由なんか無く、走っているだけでホントに楽しかった。
大げさだけど、このままどこへでも行けると思った。

そんな純粋な気持ち。最近もしかしたら忘れてたかも・・。
ローライダーを手に入れ、カッコいいスタイルを追求することばかり考えてなかっただろうか?

自分に問いかけてみた。
俺がバイクを好きな理由を。


・・もちろん、答えはひとつ。
俺はただ、バイクで走ることが好きなんだ!


・・・この「My Favorite BIKE」のおかげで。
そんな基本的なことを見つめ直すいい機会になった。

バイク好きの方、よかったら読んでみてね(^_^)

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://hiroyuki2339.blog27.fc2.com/tb.php/168-d921e3ac

0件のトラックバック

2件のコメント

[C115]

あたしのエイプンをバカにするなぁヽ(`Д´)ノ

それだってOナペッツのCB50(だったっけ?)よりは
はるかに早かったんだってばよ!!

あ~早く金貯めて買い戻したいなぁ…
  • 2006-07-20
  • 妹。
  • URL
  • 編集

[C116]

コメントありがとう、妹よ。

× CB50
○ CD50

だぞ、念のため( ´,_ゝ`)

彼のCD50はアクセル吹かしてないとエンストしてたもんなぁ(^_^;)ゞ
APE50買い戻すのもいいけど、どうせなら二輪免許ゲットしろよっ(^_-)
  • 2006-07-21
  • ぴろゆき
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

ぴろゆき

Author:ぴろゆき
ごゆるりと・・。

●1978年生まれ
●男
●AB型

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。