Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://hiroyuki2339.blog27.fc2.com/tb.php/214-32798de4

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

東北ツー三日目☆寒河江~自宅(9/4)

9月4日午前5時過ぎ、朝陽とともに起床。

うーーん、よく寝られたよ。


人生初めての野宿は成功したみたい。
野宿の様子
陽が昇り、あたりの様子が明らかになった。

こんな感じになってたのね・・・。

昨日来た時は夜だったからさ。


洗顔と髭剃りを済ませる。
道の駅寒河江
大きな道の駅だったんだね。

午前6時すぎ出発。

内陸部なので冷え込んでいる。

防寒用に持ってきたフリースとアウターを着込む。

国道112号を西進。

とにかく流れが速い。

80㎞/hで走っていても、後ろの車達が付いてくる。

ちょうど通勤時間か。



途中の寒河江ダムで一休み。
寒河江ダム
まだ午前7時前。

さらに112号を走る。

月山目指して登る。
月山
登山客が何人もいた。

月山を下る。

次は湯殿山だ。

湯殿山道路という有料道路の入り口まで来たが。

午前8時15分から通行できるんだって。


・・まだ午前8時5分前・・・しばし待つことに。



時間になり、200円を払って登り始める。

ほどなく湯殿山参籠所に着く。
湯殿山
大きな鳥居ですなぁ。

ここからさらにバスで湯殿山神社に行くことができるみたいだけど。

そんなに信心深くない俺はここで十分でした(^_^;)ゞ


再び112へ。

なんでも、自動車専用広規格道路。

高速道路なみの流れでした。


道の駅月山でちょっと休んでいると。

老夫婦の奥さんのほうに

「このあたりに有名な滝があるらしいんですけど、知ってますか?」

と尋ねられた。

でも残念ながら知らなかったので

「すいません、分からないです」

と答えるしかなかった。



知っていれば教えてあげられたのに。

仕方ない。



ここでフリースとアウターを脱ぎ、ロンTになる。




112から県道41~庄内東部広域農道を突っ走る!

気持ちいいっ(-^∇^-)/


お次は羽黒山だ。

羽黒山道路を200円払って登る。

午後10時。出羽三山神社に着いた。
羽黒山
ちょっと荘厳な雰囲気だ。

駐輪場にはSUZUKIのST250と。

YAMAHAのFJR1300が停まっていた。


出羽三山神社でお参り。

実は、ここでお参りすれば出羽三山すべてお参りしたことになるらしい(^_^;)ゞ


でも俺は今日一日で出羽三山すべて訪れたぜっ(^o^)

ひととおり見てバイクの所に戻る。



すると、FJR乗りのおじさんに話しかけられた。

50歳くらいの紳士。

山形市から来た彼はこれから鳥海山を目指すらしい。

俺はいったん最上川を遡ってから鳥海山へ行くつもりだ。

「いっしょに鳥海山まで走りませんか?」

と誘われたが、ホント申し訳ないけどお断りした。

また会いましょうと挨拶を交わして。



同じバイク乗りってだけでこんなに気軽に話しかけてくれるなんて。

すごく素敵なことだと思った。




ところで。

FJRって初めて見たけど。

カッコいいのね。

サイドケース付きだし、ナビも付いてたし。

旅バイクって感じがする。




俺は県道45を北上。

国道47に出た。

最上川の流れが飛び込んでくる。

よし、この流れを遡ってみるぞ。




道の駅とざわまで来て、また下る。
最上川
五月雨をあつめて早し最上川。またも芭蕉の句が思い浮かぶ。

道を間違えてヘンな峠道に入ってしまう。

参ったなぁと思っていると、こんな展望に出会えた。
手前が最上川
手前側のが最上川です。

かなりの悪路を無事に下る。

そして国道47号~国道345号で一路鳥海山へ。

快適の一言。



ツーリングマップルによると。

この道路からは鳥海山が眺められるらしいけど。

あいにく鳥海山のあたりには雲がかかっていた。




さっきのFJR乗りの人に教わった鳥海ブルーラインを登る。

雲がかかっていて日差しがないのですこし寒いくらいだ。



ワインディングを登り、展望台に着く。
鳥海山からの眺め
あいにくガスっている。

庄内平野と日本海が望めた。



ここで問題発生!!

なんと携帯電話のバッテリーが切れた。

持参していた携帯用の乾電池充電器を差してみるが。

やっぱダメ。電源つかない!



やっべぇ~どうしよ。

ドコモショップで充電してくれるかなぁ(^_^;)ゞ

かなり慌てるけど、とりあえず鳥海山を下る。



国道7号に出て、道の駅鳥海で休憩。

すると、スプリンガーソフテイル乗りの人に話しかけられた。

30歳くらいか。宮城から来たとのこと。


彼の愛馬は03モデルらしいけど。

03モデルのあの100周年タンクが気に入らなくて。

オールペンしたらしい。



俺も実はあの100周年タンクはあんまり・・・(^^;)

彼とはいろいろ話し込んでしまった。


そんな彼はこれから秋田の男鹿半島を目指すらしい。

7号線を南下すると言ったら、

「それなら『笹川流れ』がキレイですよ!

宮城の仲間もみんな見に行ってますよ!」

と教えてくれた。


ありがとうございます!



その後海苔っ娘ラーメンを食べ、バイクのところに戻ると。

な、なんと。


羽黒山で出会ったFJR乗りのおじさんがソフトクリームおいしそうに頬張ってた!!


「また会いましたね~」

彼は鳥海山を登り、秋田側を抜けて山形に戻るつもりだったらしいが。

そのルートは途中で通行止めになってたらしい。


ホントにまた会えるなんて!

縁は異なもの粋なものってこのことだね。

いやーうれしい。

彼はこれから帰路に就くらしい。

お気を付けて!




俺のバイクの隣にシャドウ400が停まっている。

そのオーナーの若い男性が話しかけてきた。

彼は九州から来て、昨日まで北海道を走っていたらしい。

北海道ではずっとキャンプ生活だったけど。

最後の贅沢で酒田に宿を取ったんだって。



腕がすんごい日焼けしてる。

俺もちょっと腕が日焼けしてるけど、それどころじゃない。

でも、寒かったって北海道。



俺もいつかバイクで行ってみたいな北海道。

さて、午後3時過ぎ、出発。

国道7号から112号、そしてまた7号を南下。

湯野浜温泉に到着。
湯野浜温泉
日本海だぁ。

ここのコンビニで何気なくケータイの電源つけたら。

なんと、電源が入った!!

よ、よし、今がチャンスっ!!

慌てて先ほどの充電器を差し込む。


やったぁ、充電できてるぅ!!

助かったなぁ・・・ホッとしたよ。




教訓。

次からはバッテリーゲージが残り一つになったらすぐに充電器を使おう(^^;)

ケチってできるだけ使わないよーにしてたのが祟ってしまった。

まめに電源オフにしてバッテリーを長持ちさせようとしてたんだけどね。



日本海を横目にひたすら南下する。

ホントに海沿いを走れるこのルート。

かなりオススメです。



道の駅あつみで一休み。

すると赤いドゥカティが駐車場に入ってきた。

よし、今度は俺の方から話しかけてみよう。



その男性は30歳くらいかな。

庄内地方に住んでるとのこと。



彼が言うには、今から群馬に帰るなら高速道路使わなきゃ無理とのこと。

そして高速乗るなら中条インターから乗った方がいいって。

で、高速乗ったらすぐに給油したほうがいいって。

などといろいろアドバイスしてくれた。


ありがとうございますホントに。

バイク乗りの人たちはみんな親切だなぁ。




教訓。

旅先では道の駅に立ち寄るべし!

そうすればバイク乗りの人と出会える。

情報交換できる。

いいことずくめですよ(^^)



だんだん日が暮れてくる。

景勝地笹川流れに着く頃には図ったかのように日本海に夕陽が。
笹川流れの碑
撮影ポイントを選定せねば。

そして、撮影ポイントを確保。
日本海に沈む夕陽
いやぁ素晴らしい・・・。

思わずうっとりと眺めてしまった。
海岸線
でもすぐに夕陽は日本海に沈んでしまった。


絶景でした笹川流れ。また来たいです。



道の駅笹川流れにて一休み。

JR羽越線の駅が併設されていた。

いつか鉄道の旅もしてみたい。
道の駅笹川流れ
とっぷりと日が暮れてきた。

中条を目指す。

村上市内のコンビニで軽く夕飯。

午後7時すぎ。

今日中に帰れるのかなぁ俺。



ドゥカティ乗りの人に教わった中条インターに着く。
中条インター
ここから4時間くらいはかかるって彼は言ってたなぁ。

午後8時、フリースとアウターを着込み、いざ高速道路へっ!


一つ目の黒埼サービスエリアで給油。

それにしても、時速120㎞で走るとすごい風圧だ。

時速80㎞に落とすとだいぶ風圧がなくなる。

平均すると時速100㎞で走っていたかな。



トラックばっかり。

日本海東北自動車道から北陸道、そして関越道に入る。



途中、走行中になにげなく積み荷を触ってみると。

なんと、積んであるハズの寝袋がないっっ(´Д`;)



ええっそんな馬鹿なぁ。

高速走行で振り落とされちゃったのかなぁ。

走行中なので視認はできないけど、手触りがないのだ。




次のパーキングで停まって恐る恐る確認すると。

あった!積み荷全部あったよ!



よかったぁ・・・すごいホッとした。

でもなんで手触りがなかったんだろう?

まあ、積み荷が無事だったからいいか。



そして関越道をひたすら走る走る走る・・・。

夜の高速道路。実は初めてだ。

アクセルを握る右手の手首が痛くなってきた。



赤城高原で一休み。

暖かいコーヒーを飲み、ベンチで少し横になる。



出発すると、全身に襲う寒気。

なんだ、この強烈な寒気は(>_<)



しばらくすると寒気はなくなったけどね。

自宅直近のインターで高速を降り、ひたすら自宅をめざす。



そして午前0時半、自宅に着いた。

どうにか帰宅できた。

その後高熱でダウンすることになるけど・・・(´Д`;)




初めてのロングツー。

大成功と言っていいかな!




☆三日目のルート

寒河江~月山~湯殿山~羽黒山~最上川~鳥海山~笹川流れ~中条~自宅



☆三日目の走行距離

678.4㎞
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://hiroyuki2339.blog27.fc2.com/tb.php/214-32798de4

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

ぴろゆき

Author:ぴろゆき
ごゆるりと・・。

●1978年生まれ
●男
●AB型

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。