Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://hiroyuki2339.blog27.fc2.com/tb.php/7-694f36bf

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

SHINOBI

映画「SHINOBI」を観てきた。
映画鑑賞も結構好きで、わりとよく劇場に足を運ぶ。

この映画は、さほど注目していたわけでもなく、
なんとなく観ることになったのだが、予想以上にいい作品だった。

敵対しあう伊賀と甲賀の男女が恋に落ちるが、
定められた運命に逆らえず、お互い刃を交えることに。

もちろん最初から戦いたかったわけではない。
二人とも、できれば無益な争いはしたくなかった。

しかし、愛する仲間たちの死に直面し、
二人は最初から戦わねばならない運命であることに気づく。

切ないね。愛し合ってるのに殺し合わなければいけないなんて。
残酷な運命だよなあ・・。

人はそれぞれ変えようのない運命を背負い、
それに従って生き、死んでいくものなのかもな・・・
なんてしみじみ思った。

これまでの人生。自分なりに、それなりにがんばって生きてきた。
楽しいこともあったが、辛く悲しいこともあった。
いろんな人と出会い、また別れがあった。

これらはすべて予め決められていた運命だったのか。
自分の力ではどうすることもできないものなのか。

まず、すべての生き物は産まれてくる時、その種別を自ら選べない。
私はたまたまヒトとして生を受けたが、それだって偶然だ。
もしかしたらネコとしてこの世を生きることになってたかもなのだ。

また、産まれる場所も時代も選べない。
たまたま20世紀後半の極東の島国に生を受けたというだけ。

この現代を生きる日本人としての自分の存在=偶然の産物

裏を返せば、それは産まれる前から人知を超えた厳然たる
「運命」
をいうある種のプログラムによって決められていた、
ひとつのストーリーなのではないだろうか。

だとすれば、どうあがいてもこの運命というやつには逆らえそうもない。
「風の谷のナウシカ」に出てきた預言者?ばあさんの、

「運命(さだめ)なのじゃ~」

の言葉が思い出される。

そっか、これまで歩んできた俺の人生も、
これから歩む人生もすべて運命ってわけか。

それなら、思いっきり楽しい運命=人生がいいな!

「SHINOBI」のような運命でないことを祈る・・・
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://hiroyuki2339.blog27.fc2.com/tb.php/7-694f36bf

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

ぴろゆき

Author:ぴろゆき
ごゆるりと・・。

●1978年生まれ
●男
●AB型

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。